仏足石 除幕式 4月2日(土)午後3時30分

インド仏跡巡拝(平成16年2月)の折、お釈迦様お悟りの地ブッダガヤにて記念に製作していただいた仏足石を、しだれ桜の下にご安置いたしました。
当日は、淨教寺役員の方々、ご門徒、インド仏跡巡拝に行かれた方々など約70名のご参詣の中、本堂の阿弥陀さまの前でおつとめをした後、境内のしだれ桜の横にご安置されたお荘厳の整った仏足石前に移動しました。
まず、白布に包まれた仏足石の白布を取り、礼拝して、おつとめをしました。三奉請(さんぶじょう)の中での散華(花びらを散らす)は、普段よりもたくさん花びらを用意して散らしましたので華やかでした。讃仏偈の読経の中、お焼香をしていただきました。
院主さんの挨拶、若院さんの仏足石の説明の後、みなさんじっくりと仏足石を眺め、記念写真を撮っておられました。